いじめ問題について

職業柄、いじめに関する相談をよく受ける。その度に周囲の大人の対応にがっかりして、それが原因で気持ちが沈んでしまうことが多い。

wst1506020052-n1.jpg

僕は儲け話が大好きな拝金主義者だし、イベントでも異様に集客に固執する嫌な性格の爺さんなので、そんな人間が偉そうに語るのはまったくもって気が引けるのだけども、いつまでたっても誰も言わないので、しかたなく書かせていただきます。

「いじめられている人の気持ちになって考えよう!」とか「心の痛みを感じましょう!」「相手のことを思いやりましょう!」とかいう、キレイなコトバ(キレイすぎるコトバ)では、いじめの問題は到底解決できないどころか、より事態を悪化させると思う。それらの文言は、発言者の意図とは裏腹に、いじめている子たちをどんどん追い込んでいくからだ。

「キレイなコトバ」が大好きな人や「キレイなコトバを語る自分」が大好きな人たちは、いい加減そのことに気づいてほしい。

では、いじめられている子のために、本気でいじめ問題を解決したかったらどうすれば良いか?

僕は次の2点が避けて通れないポイントだと思う。


①「いじめの定義」を明確にする。

 周りの大人たちは、「これはいじめなのか?それともまだいじめではないのか?」を自信をもって判断できますか?また、自分のやっていることをいじめとは認識していないいじめっ子に、「それは立派ないじめだよ」と説得することができますか?

 極端な人は「いじめられっ子がいじめだと思ったら、その時点でいじめだ!」と断言しますが、そんなの認めていたら、今度はいじめっ子たちが「僕らのほうがいじめられた!」と逆襲してきまっせ?


②いじめっ子たちにも「気に入らない相手に文句を言う権利」を認める。

 「絶対に相手を攻撃してはいけない」といじめっ子たちの行動を制限してしまうと、今度は隠れてもっと陰湿ないじめをするようになるし、最悪、第三者(別の弱者)にいじめさせるようになる。これじゃ、まったく意味がない。

 いじめっ子はいじめられっ子のことが気に入らないわけで、その気持ちだけは認めてあげないと、事態は決して良い方向には向かわないだろう。


‥‥‥ちなみに、僕は「いじめの定義」を次のように考えています。(受け売りですが)

いじめ=二人以上でつるんで相手を攻撃する。

気に入らない相手を一人で攻撃するのは、いじめじゃなくて喧嘩でしょ?喧嘩はしかたないんじゃないかな?集団生活をするうえではよくあることですし。

いじめられっ子にしても、攻撃されても相手が一人ならそこまでつらくはない。

いじめられっ子にとって一番つらいのは、複数の人間から一斉に攻撃されること。(昔、もの凄いいじめられっ子だった僕が言うのだから間違いありません)

僕は、子どもでも大人でも、一人でやるのなら、気に入らない相手に文句を言う権利くらいは認めてあげていいと思うし、大人はそのことを子どもたちに明言してもいいと思う。

「やるなら、一人でやれ!」


ただし、二人以上でタッグを組んで一人を攻撃した場合は、攻撃の内容・程度・手段を問わず、いじめと断定して毅然と注意する。


これなら、いじめっ子も「いじめてない」と反論することはできなくなる。

「いじめがカッコ悪い」という理由も、つるんで攻撃しているからでしょ?(これも至極明解です。)


‥‥‥ちなみに、実際にいじめにあっている子には、僕は次のようにアドバスしてます。

「ノートを1冊用意して、いじめられたらそのノートに日時と場所と相手の人数と氏名、そして何をされたか何と言われたかを克明に記録しなさい。」

「殴られたときは、どこを何発殴られたかも数えて記録しなさい。」

問題が発覚したときに、いじめられっ子は、周囲の大人たちから、「いつ?」「誰から?」「何と言われたか?」と矢継ぎ早に質問されますが、記憶が曖昧でうまく答えられないときに、彼らは極度のストレスを感じます。

「君が書いた『いじめノート』は、ホントに証拠になるかどうかはわからないが、確実にまわりの大人たちを動かす。いじめっ子たちにも強烈な打撃・衝撃を与える。」

「何かあったら、そのノートを出せばいい。」


1冊のノートが君の支えになる。


ほんと、


騙されたと思ってやってみなさい。

コメント

非公開コメント

プロフィール

ミラクル銀河伝説

Author:ミラクル銀河伝説
福岡市早良区在住のギター弾きです。人前で演奏するのが好きですが、自分の演奏だけはお客さんが集まらないので、地元の実力派ミュージシャンにご協力戴いてイベントを主催しています。出演希望の方は奮ってご応募ください。/参加費無料(ギャラも無ごめんなさい)
[アドレス]mail@gingamusic.com

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスカウンター