リズム音痴を克服しちゃったぞ宣言?

4月に田舎の父が老衰(享年82歳)で他界して以来、5月一杯まで喪に服し、
ライブ活動を控えているミラクルGです。
090725_1440.jpg

GW期間中に先輩のバンドのライブを鑑賞してきました。滅茶楽しかったです。
先輩もすごく楽しそうでした。

で、その日の対バンに洋楽カバーのおじいちゃんバンドがいて、ご高齢にもかかわらず、
クラプトンを演奏してなかなか良かったです。すごく歌が上手い!

ただ、残念だったのは、ボーカルさんが弾くギターのリズムが若干乱れ気味だったこと。
途中で走ったりもたったりを繰り返して、ドラムもベースも合わせづらそうでした。

僕はその様子をずっと「なぜだろう?」と気にしながら見てました。ピッキングとコードフォ
ームを見る限り、そんなにずれてない気がしましたが‥‥‥。

なんでこんなことを気にするかというと、その日の彼の姿は、4カ月前の僕の姿そのもの
だったからです。2009年にライブをやりはじめて、過去6年以上、僕は自分のリズム音痴
と闘い続けてきました。どんなに慎重に合わせても、なぜかオケとテンポがずれてしまう。
たまに他のアーティストを合わせると、みんなとても合わせづらそうにする。

まさに筋金入りのリズム音痴爺なわけです。(みなさんごめんなさい)

いや、これでもいろいろやってみたんですよ。

①オケのリズムセクションをブーストする。
②エフェクトしない(リバースをかけない)
③2拍目と4拍目は少しずれてもいいので、とにかく1拍目だけは合わせる。
④アップピッキングはあきらめて、ダウンピッキングだけ合せる。
⑤第1弦を左手人差し指でちゃんとミュートする。
⑥極力フレットの近くを押弦する。  などなど

こんだけやっても全然リズムが整わないので、「やっぱ僕は才能がない!」と半ばやけに
なっていたのですが、4カ月前に突然、ある些細なきっかけで、僕のリズム音痴は劇的に
改善されました。

7年以上の歳月を経て‥‥やっと。(長かった~!)


‥‥え、原因は何だったのかって?

いや、すごく恥ずかしいのですが、リズム音痴の原因はこれでした。

20170519164149042.jpg

僕は、7年以上もずっと
左手の爪を伸ばしたままギターを弾いていた のです。

だって、アコギを弾く時のために、ギタリストは右手の爪を伸ばすでしょ?僕は基本的に何でも
左右対称じゃないと気がすまない性格なので、右爪を伸ばすなら、同様に左爪も伸ばさないと

‥‥と信じて疑わなかったのです。

実際にやってみるとわかりますが、左手の爪を伸ばしてギターを弾いたら、リズムは全然合わ
なくなりますよ。コードストロークでもあっさりテンポが乱れてしまいます。

まあ、本当につまらない理由ですみませんでした。(誰もこの記事を読んでませんように)

4カ月前からは、
左手はガッツリ深爪をかまして、現在は快適にノリノリで演奏しています。

そういえば、今は亡き父も学生時代の僕によく言ってました。

「壁にぶつかってうまくいかなくとも、決して諦めてはいけない。」
「諦めずに練習を続ければ、ほとんどの壁は乗り越えられる。」

「ただ、実際に乗り越えるときは、
これで本当にいいの?というくらい些細な出来事が契機になるようだ。」


親父、長い間ありがとうございました。
あなたの息子は本当にあなたにそっくりになってきてますよ。

コメント

非公開コメント

プロフィール

ミラクル銀河伝説

Author:ミラクル銀河伝説
福岡市早良区在住のギター弾きです。人前で演奏するのが好きですが、自分の演奏だけはお客さんが集まらないので、地元の実力派ミュージシャンにご協力戴いてイベントを主催しています。出演希望の方は奮ってご応募ください。/参加費無料(ギャラも無ごめんなさい)
[アドレス]mail@gingamusic.com

カレンダー

11 | 2017/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスカウンター