[27] 誘 導

ペット探偵物語 ~僕の76日間迷子猫捜索活動記録~


そうこうしていくうちに、

捜索を開始してから
1ヶ月半が過ぎていった。

その間ちょくちょくと
小さな発見や変化はあるものの

それらしい手がかりは
ほとんど得られないままだった。

そうして9月が終わりに近づいた頃、
僕はふと、

相棒の野良猫ポン太が、
少しずつ東に移動しているのに気付いた。

「あれ、なんでだろう?」と不思議に思い、

僕も彼の後を追う。

その方角を真っ直ぐに突っ切ると、
広い田んぼの向こう側には

まだできて間もない感じの
大型家電販売店があって、

そこは捜索を開始した当初に
一応チェックを入れたものの、

なにしろ裏手は
だだっ広い田んぼばっかりだったし、

表側も幹線道路沿いで
異様に交通量が多かったので、

その後すぐに
捜索重点地域からはずしたところだった。

しかし、ポン太に誘導されて訪れたその日に
近所の住民さんから

「あそこの家電販売店で、毎日猫に
餌をあげてる女の人がいるらしいよ。」

という情報を得ることができた。

その証言を聞いたとき、
僕は正直、半信半疑だった。

「えっ、おかしいな?」
「前に調べたときはそんな痕跡なかったぞ?」

とういうわけで、
だったら今回はもっと慎重に調べてみようか?
ということになり、

販売店の裏やら倉庫のかげやら 、
横を流れている川の橋の下やらを
徹底的に調査すると、

な、 なっ、 な  ん  と  !

そこの駐車場脇には
大量のキャットフードが
新聞紙上に広げてあるではないか!

その量は、軽く見積もっても、
カリカリのフード1袋分はある!!!

「なんだ?なんだ? こりゃ、凄い量だぞ!」

そいつを発見したとき、
僕の全身には、ザザザーっと鳥肌がたった!!

「あ~、なんで僕は、ここの餌場に気づかなかったんだ?」

早速僕は、事実関係を確認するために
店長さんに話を聞く。

すると彼は、
困ったような表情で

「毎朝5時頃に駐車場で
餌をあげている女性がいるみたいです。」

「ホント迷惑なんですけど・・・。」

「猫が入らないように鉄柵を設けたりしましたが
 効果はなかったみたいですね(ため息)」

そんな店長さんに、
またまたにゃんこの話を持ちかけるのは
随分と気が引けたけれども、

事情を話して許可をもらい、
餌の場所にポスターを貼らせてもらった。

「どうか気づいてくれますように!」

とにかく明日は早起きをして、
その女の人に会ってみよう!

もしかしたら
何か知っているかもしれない。

そしてこれで
事態が大きく変わるかもしれない?!

とにもかくにも
今日は重要な情報を得ることができた。


・・・・ポン太、ありがとう!


《次のページへ》

コメント

非公開コメント

プロフィール

ミラクル銀河伝説

Author:ミラクル銀河伝説
福岡市早良区在住のギター弾きです。人前で演奏するのが好きですが、自分の演奏だけはお客さんが集まらないので、地元の実力派ミュージシャンにご協力戴いてイベントを主催しています。出演希望の方は奮ってご応募ください。/参加費無料(ギャラも無ごめんなさい)
[アドレス]mail@gingamusic.com

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスカウンター