[20] ビック・ママ


ペット探偵物語 ~僕の76日間迷子猫捜索活動記録~


③ビック・ママ

捜索初期は、
まったくその存在に気づかなかったが、

中盤以降になって
頻繁にお目にかかるようになったのが、

大きなおなかを
ゆさゆさ揺らしながら歩く

貫禄のメス猫「ビック・ママ」だ。

身にまとった鮮やかな豹柄模様の毛皮(短毛種だが)に
長くスラッと伸びた尻尾は、

おそらくどっかの洋猫の血筋を
しっかりと受け継いでいて、

その雰囲気を一言で言い表すと、
ただ、ただ、ゴージャスっ!

僕はいつも街なかで彼女を見かけると

「おいおい妊婦がそんなに歩き回っちゃ
 おなかの赤ちゃんに悪いんじゃないの?」
と心配してたけど、

彼女はそんなことはお構いなしに、

捜索地域の北ブロックを中心に
いつもしゃなりしゃなりと歩いていく。

身重のからだにストレスを与えたくないので

「頼むから捕獲器だけにはかからないでくれ」
と心から祈っていたのだが、

その祈りは虚しく打ち砕かれて、

結局彼女も、通算3度ほど
僕の仕掛けに飛び込んでくる羽目になった。

しかし他の野良たちとは違って、

捕獲器の中にいても、
ビック・ママはみっともなく慌てたりしない。

(あのジャックでさえ、
 僕が近づくともうダメダメだったのに)

凛としたまなざしで
金網越しにこちらを睨み返す表情からは 

何とも言えぬ気品とともに、

おなかの生命たちを守り抜く!
という気迫がビンビンと伝わってきて、

その姿には、
思わず僕も惚れ惚れとしてしまった。

そのゴージャスな雰囲気が
まるで銀座の一流ホステスを彷彿させるビック・ママだが、

僕はひそかに
彼女はあの噂のプレイボーイ「ブラック」の嫁さんではないかと疑ってる。

そう、実は彼女は、

浮気者の旦那が
街のギャル猫たちにちょっかい出してないか?って

きっと今日もあちらこちらを
偵察してまわってるに違いないのだ。

とまあこんな風に、
結構くだらないことを妄想しながら

僕は連日、愛猫を捜してまわっていたのです。


《次のページへ》

コメント

非公開コメント

プロフィール

ミラクル銀河伝説

Author:ミラクル銀河伝説
福岡市早良区在住のギター弾きです。人前で演奏するのが好きですが、自分の演奏だけはお客さんが集まらないので、地元の実力派ミュージシャンにご協力戴いてイベントを主催しています。出演希望の方は奮ってご応募ください。/参加費無料(ギャラも無ごめんなさい)
[アドレス]mail@gingamusic.com

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスカウンター