[19] ジャック


ペット探偵物語 ~僕の76日間迷子猫捜索活動記録~


②ジャック

「 ジャック 」は、強面の極道風オス猫だ。

銀色がかったキジトラで、
見るからに古典的な日本猫なんだが、

なにしろこやつは、とびっきりに
人相(猫相)が悪い。

ただでさえ顔面がでかくて
ふてぶてしい面構えのうえに、

左目には大きな傷が残っていて、

もうそこはまぶたも開かず、
完全に視覚機能を失っている。

はじめてその顔を見たとき、
僕は思わず「おっかね~~」とつぶやいてしまった。

このジャック君は
おそらく地元の野良たちも一目置く存在なのだが、

彼について特筆することがあるとすれば、
もちろんその風貌と、

・・・・底知れぬ食欲かな?

ふつうの猫たちは、
捕獲器に飛び込んで逃げられなくなると、
中で大暴れするから

仕掛けてあった餌が飛び散って
周囲にその痕が残るものなのだ。

ところがこのジャックが飛び込んだときだけは、
捕獲器の中はもちろんその周囲もピッカ・ピカで、

どんなに目を凝らして見ても
(残りカスはちゃんと掃除しなきゃならない)
残っている餌なんて見当たらない!

実際に食事中の様子を見たわけじゃないが、

想像するに、
捕獲器の蓋がガチャン!と閉まっても

彼はきっと顔色ひとつ変えず
悠然と餌をほおばっていたのだろう。

一番驚いたのは、
キャットフードとともに
食い残しのから揚げを(骨付き)を仕掛けとき、

翌日に突入したジャック君が
骨ごと全部平らげちまって、

その昔僕は、猫が骨を摂取すると
内臓が傷ついて危険であると聞いた記憶があって、

「ジャックの奴、ほんとに大丈夫かな?」
と随分心配したものだ。

ま、しばらくすると、
再び捕獲器の中の彼と対面することになり、

そのときも
相変わらず元気そうにやってたんで、

そんなに
心配することでもなかったようだ。


《次のページへ》

コメント

非公開コメント

プロフィール

ミラクル銀河伝説

Author:ミラクル銀河伝説
福岡市早良区在住のギター弾きです。人前で演奏するのが好きですが、自分の演奏だけはお客さんが集まらないので、地元の実力派ミュージシャンにご協力戴いてイベントを主催しています。出演希望の方は奮ってご応募ください。/参加費無料(ギャラも無ごめんなさい)
[アドレス]mail@gingamusic.com

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスカウンター