[15] 感 謝

ペット探偵物語 ~僕の76日間迷子猫捜索活動記録~


それとは逆に、
ちょっと天候が崩れたりすると、

しばらく野良猫たちにもあえなかったり
撒き餌にも反応がなかったりというような

言わば無反応の日が続くことがあって、

そんなときは僕の気持ちも
とたんに暗くなってしまった。

そうなると自分でも情けないくらいに
モチベーションが保てなくなり、

全身が鉛のような疲労感に覆われて、

ホント泣きたくなるくらい
メロメロになってしまう。

「あ~、今日も何もなかったかー」
「ここんとこしばらくは何も変わったことがないなぁ。」

そんな暗い気持ちのまま帰宅し、
その気持ちを
うじうじメールに書いて送ると、

忙しいにもかかわらず、
かつほんとにくだらないメールであるにもかかわらず、

探偵さんはいつも丁寧に対応してくれた。

(確かにお金は支払ったが、
 それは3日間の捜索期間に対する報酬で、
 その後のメール対応は完全に彼の善意によるものだ。)

傍から見れば
探偵さんから返ってくるコメントは
そんなに特別なものではなかっただろう。

そう、ありふれた内容の
ごくごく普通のメールに違いないんだけど、

でもそれでも例外なく
速攻で返事が返ってくるから、

それだけでも随分と励みになって、
ほんとにすごく、有り難かった!

これは先にも述べたが、

そもそも迷子ペット捜索において、
探偵さんが契約期間内に発見できる確率は決して高くなく、

むしろそれよりも、
のちに飼い主が自力で見つけ出す方が圧倒的に多い。

つまりあきらめずに捜し続ければ
迷子ペットは結構発見できるものなのだ。

実際、最後まで見つからない場合については
その原因のほとんどが、
飼い主が途中であきらめてしまうことにある。

とすると、
もしかしてペット探偵の仕事というのは、
ホントは迷子ペットを捜すことじゃなくて、

飼い主を励まし、サポートしながら、
とにかく最後まで飼い主本人に捜させること?

(僕は上記の質問↑を一度探偵さんに送ったのですが、 この返事はとうとう最後まで来ませんでした。)


《次のページへ》

コメント

非公開コメント

プロフィール

ミラクル銀河伝説

Author:ミラクル銀河伝説
福岡市早良区在住のギター弾きです。人前で演奏するのが好きですが、自分の演奏だけはお客さんが集まらないので、地元の実力派ミュージシャンにご協力戴いてイベントを主催しています。出演希望の方は奮ってご応募ください。/参加費無料(ギャラも無ごめんなさい)
[アドレス]mail@gingamusic.com

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスカウンター