[05] 重 圧

ペット探偵物語 ~僕の76日間迷子猫捜索活動記録~


現れた探偵さんは、
30代前半くらいに見えた。

ジーンズにTシャツとリュックという
いたってラフなスタイル。

すごく優しそうな男性だ。

ペット捜索ってハードな仕事だと思うけど
大丈夫かな?

少し不安が頭をよぎったが、
あまり時間もなかったので、

そのまま空港のラウンジで
最初の聴き取り調査に臨んだ。

「それでは、ネコちゃんの
特徴を細かく教えてください」

「はい、よろしくお願いします。」

「まず、年齢は何歳ですか?」
「・・・・は?」

「体重は何キロありますか?」
「・・・・は??」

「瞳は何色ですか?」
「・・・・は???」

いや、正直言って
これはショックだった。

(たぶん汗をかいてたんじゃないかな?)

だって、そのとき初めて僕は 

6年以上も一緒に暮らしてきて
あんなに可愛がってたあやつのことを、

ほとんど何も知らないことに、
気付いたのだから。

いや、おおまかなことは答えられるの。

たとえばあやつの性格とか、
印象に残っているエピソードとか、

そういう抽象的なことなら
いくらでも答えられるのだけど、

具体的な特徴となると、
何ひとつ自信を持って答えられない。

かろうじて覚えてたのは
性別と後ろ足の欠損ぐらい?
(拾ったときから足が切れていた。)
(でもこれもあらためて訊かれると
右足だったか左足だったか心もとない)

全体的な毛の色にいたっては、
僕と嫁さんとで見解が全然違う。

また「どこから毛の色が変わってたか?」とか
あるいは「尻尾の長さは何センチくらい?」とか

探偵さんから質問されるたんびに
「ちょっ、ちょっと、待ってください」と

いちいち写真を取り出して確認するしかない。

そうそう、たしか
尻尾が途中で折れ曲がってたけど、
え~っと、どの部分からどっち向きに
曲がってたっけ?

お、おっ、お~~~~い!

・・・・この写真じゃわかんないよー!

「こういった細かい特徴は、
正確に提示しないと
捜索に大きく影響しますので」 と

探偵さんからそう言われると、

なんか、すんごい、


・・・・プレッシャーなんでスけどおー(汗


《次のページへ》

コメント

非公開コメント

プロフィール

ミラクル銀河伝説

Author:ミラクル銀河伝説
福岡市早良区在住のギター弾きです。人前で演奏するのが好きですが、自分の演奏だけはお客さんが集まらないので、地元の実力派ミュージシャンにご協力戴いてイベントを主催しています。出演希望の方は奮ってご応募ください。/参加費無料(ギャラも無ごめんなさい)
[アドレス]mail@gingamusic.com

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスカウンター