[01] 猛 暑

ペット探偵物語 ~僕の76日間迷子猫捜索活動記録~


2004年8月13日。
その日は猛烈な暑さだった。

頭上から矢のような日差しが降り注ぐ。

おそらくその暑さに参って、
意識が朦朧としてたのだろう。

僕の動きはひどく緩慢になっていた。

そして帰省先まであと少しというところで、
片田舎のホームセンタに立ち寄ったとき、
(具体的には福岡県宗像市光岡のホームプラザナフコ南宗像店)
  
迂闊にもドアを閉めるのが遅れて、

車中からうちのにゃんこが
勢いよく飛び出してしまった。

「あっ、やばい! こら、ちょっと待て!」

今思えばあのとき
慌てて後を追いかけたのがいけなかった。

うちのは完全室内飼いの猫で、
外の世界を一度も経験したことがない。 

それこそ何1つ危険のない
非常に快適な空間で、

平和に毎日を過ごしていたのだが、

それがいきなり表に飛び出て、
強烈な光と騒音の渦に遭遇し、
(現場は結構交通量が多い場所である)

おそらく一瞬で
パニックに陥ってしまったのだろう。

僕が必死に呼びかける声も聞かずに
あっという間に駐車場脇の茂みに逃げ込んでしまった。
(あんなに逃げ足の速いのを見たのは初めてだった)

「あ~、あ~っ、やっちゃったよー」

目の前で起こった事態を
よく呑み込めてなかったせいかもしれないが

その時の僕には、
まだ気持ちに余裕があった。

「お~い、そんなとこに隠れてないで
早く出て来~~い!」

逃げ込んだ茂みの前で
何度となくあやつの名を呼んでやる。

しかしターゲットは
いっこうに姿を現す気配がなかった。

そうだな、今はちょっと無理かな?
たぶんすんご~~く興奮してるんだろう。

でもしばらくすれば落ち着きを取り戻して

何事もなかったように
「ニャ~ン」と出てくるだろうと思って、

とりあえず嫁さんを帰省先に送り届けてから、
あやつがのこのこ姿を現すまで
 

・・・・僕はその場でじっくり待つことにした。


《 次のページへ 》
 

コメント

非公開コメント

プロフィール

ミラクル銀河伝説

Author:ミラクル銀河伝説
福岡市早良区在住のギター弾きです。人前で演奏するのが好きですが、自分の演奏だけはお客さんが集まらないので、地元の実力派ミュージシャンにご協力戴いてイベントを主催しています。出演希望の方は奮ってご応募ください。/参加費無料(ギャラも無ごめんなさい)
[アドレス]mail@gingamusic.com

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスカウンター