3.11薬院Uteroライブレポ②

今回のライブでは、僕はほとんどストレスを感じることなく、最初から最後まで大変気持ちよく演
奏できましたが、その理由を書きますと、
2014031201.jpg

①そもそも僕は 
  フロアーモニター(返し)の役割を理解してなかった。

「そんなことも知らんかったの?」と言われそうですが、まあライブ経験があまり多い方ではないの
で大目に見てください。ステージではどなたも足もとにおいてあるモニタースピーカーの音を聴きな
がら歌ったり楽器を弾いたりします。僕はこれまで、あのモニターから出る音は会場でお客さんが
聴ているサウンドと同じものだと思っていたのです。いや、僕らがやるダイエーやイオンでのライブ
はその通りなのですが、ライブハウスのモニターは、会場のお客さんが聴いているサウンド(出音)
とはまったく違うのですね。

僕の場合は、だいたいギターの音が大きく、オケの音はかなり小さく返ってきます。PAさんもその
ように返してくれます。その理由は1つ、「僕が演奏しやすいように。」という配慮からです。
しかし、会場のみなさんが聴いているサウンドはギターの音量を落としオケのサウンドとバランスが
とられてます。PAさんがそのように調整しているのです。

ところがこれまでの僕はそんなことまったく知らなかったので、「ギター音が大きすぎるな」「このバラ
ンスはお客さん聴きづらいだろうな」「PAさん、もうちょっとオケを出してくれないかな?」とずっとそん
なことを気にしながら演奏していました。なかなか演奏に集中できません。

だから演奏中はずっとストレスが溜まっていたのです。

あんまり気になる場合は、とうとう自分でボリュームペダルを踏んで、勝手に音量を変えてたので、
せっかくPAさんが調整したバランスが崩れて、PAさんさぞかしやりにくかっただろうと思います。

で、昨年の暮れにとあるルートから「演奏者には出音は聴こえないので、(本当に聴こえません)
出音のことはPAさんに任せて信頼して、演奏者はモニターの自分の音をしっかり聴きながら演奏
に集中すれば良い」ということを教えていただいて、「なんだ、そうだったのか!」と目から鱗が落ち、
「だったらぜひもう一度ライブハウスでやってみたい!」「どんな演奏になるかぜひ試してみたい!」
ということになり、どうせだったら天神繁華街のライブハウスでと、ここ薬院Uteroさんの門戸を叩い
たのです。

この日も僕の足元からがオケの音は控え目にガンガンギターの音が返ってきます。確かに自分の
音が良く聴こえますから、ものすごく弾きやすいです。PAさんにも「ボリュームは一切さわりません
ので、バランスはそちらでお願いします。」とお願いしてきました。

いや、何も気にしないで集中して演奏すると、こんなに気持ち良いものなのですね。

一番回数多く僕の演奏を聴いてくれてる嫁さんや友人も「今日の演奏はすごく良いね」「Uteroって
PAがすごく上手だね!」ととても感心してました。

いや、他のライブハウスのPAさんもちゃんとしてくれていたのですが、ダメダメちんだったのは、
何も知らないで演奏していた僕ちゃんだったのですよ。

なんだなんだなんだ、そういうことだったのか?

あー、もっと早く気付けば良かった。

次のライブハウスは3.21のバラッドイン。こちらもすごく楽しみです!


コメント

非公開コメント

プロフィール

ミラクル銀河伝説

Author:ミラクル銀河伝説
福岡市早良区在住のギター弾きです。人前で演奏するのが好きですが、自分の演奏だけはお客さんが集まらないので、地元の実力派ミュージシャンにご協力戴いてイベントを主催しています。出演希望の方は奮ってご応募ください。/参加費無料(ギャラも無ごめんなさい)
[アドレス]mail@gingamusic.com

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスカウンター