春よ来い!

こんばんは。あまりの寒さに凍えそうなミラクルGです。

いつも仕事を終えて遅くに帰宅しますが、感心なことに(自分で言うか?)ギターの練習は毎日欠かしません。
僕みたいな下手っぴは、来る日も来る日も練習を続けないとすぐにダメになってしまいます。

僕は練習するときはかならず演奏を録音します。自分ではうまく弾けたつもりでも、再生してみると自分の演奏の
粗がよくわかります。そう、嫌というほど思い知らされます。そしてまたやり直しです。

bbl1205180756001-p1.jpg

僕がいつも頭を抱え込むのはもちろん自分のギターの音色です。気を抜くとすぐにザラザラした嫌な音になって
しまいます。あーでもないこーでもないと、いろいろ工夫を重ねる日々が続きました。

思い通りの音にならない場合は、若い時はおおむねハードに走ります。高価なギターやエフェクターを買いそろえ、
そしてHOW TO本を読み漁って「音抜けを良くするにはミドルをブーストしなきゃね!」みたいな感じでウンチク知
識ばかりが増えますが、実際のところそんなもんでは音は良くなったりしません。この歳でそんなことやってたら
笑われてしまいます。

その次にはまるのがソフト面、いわゆるフォーム改造でしょうか?ピックの角度や弦をおさえる位置など、一時期
はあーでもないこーでもないとそればっかやってた気がします。最近になってだんだん疲れてしまい、現在はあま
りプレイフォームをいじらなくなりました。

きっかけは、画像の日ハム中田選手の「フォームをいじるとその時だけはすごく良い結果が出るんだよね。」
「ま、その時だけで、すぐにダメになるんだけど」という言葉を聞いたことです。実際中田選手は一時期は画像の
ような「がに股打法」で打ってたんですよ。すごく変ですが、本人は極めてまじめにやってるんです。

ハードでもフォームでも、ある程度のものがあってよっぽど変なことをしてなければそこまでひどいものにはなら
ないみたいです。思うようにいかない原因はもっと別のところにあるのですね。

僕の場合は、どうやらモニター(返し)だったみたいです。

ギターの音色というのは、ギター本来の弦振動の他にサステイーンやリバーブ音までも含めて成立しているわけで、
要するに「自分の演奏をちゃんと聴きながら弾け!」ってことだったのかな?

さて、本業が落ち着いたらまずはオリジナル楽曲をもう一度リテイクしなきゃなりませんね。
そして3月中旬には早速某ライブハウスで演奏することも決まっています。

4月にはクラリネットのMOMO☆さんとアルマカフェで共演する約束をしてますので、そのアレンジと練習も始めなけ
ればなりません。

ああ、今からすごく楽しみです。

春よ来い、はやく来い!ですね。













コメント

非公開コメント

プロフィール

ミラクル銀河伝説

Author:ミラクル銀河伝説
福岡市早良区在住のギター弾きです。人前で演奏するのが好きですが、自分の演奏だけはお客さんが集まらないので、地元の実力派ミュージシャンにご協力戴いてイベントを主催しています。出演希望の方は奮ってご応募ください。/参加費無料(ギャラも無ごめんなさい)
[アドレス]mail@gingamusic.com

カレンダー

11 | 2017/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスカウンター