10.26マリナタウンライブレポ③

さて、今回のマリナタウンライブで僕らは新しい試みにチャレンジしましたので、
ここでそれをご紹介いたします。まずはShokoさんのどアップ画像をごらんください。
20131028021.jpg
彼女が耳に装着しているものが何かはおわかりですね。そうですイヤホンです。

今回僕は大枚をはたいてイヤホンモニターセット(イヤモニ)を購入し、それをライブに
採用いたしました。これまでは普通のライブのように足もとのフロアーモニターで「返し」
を送っていましたが、出演ミュージシャンの中に「もっと返しがほしい」という方がいらし
て、ところが僕らのモール内ライブでは、周辺のテナントの営業の妨げになるので、な
かなか返しが大きくできずに頭を抱え込んでいたのです。

それならばと、返しの音をワイヤレス送信機と受信機を使ってイヤホンで聴いてもらい、
ボリュームは個々のシンガーの好みに調節してもらえばいいじゃないのか?ということ
になり、あちこち調べて日本製の送信機1台と受信機2台を仕入れて使ってみました。

結果は、僕の中では


‥‥‥だめだこりゃ


南さんやリナさんは僕のことを気遣って「まだ慣れてないから」と言ってくれますが、
やはりこれって、


‥‥‥だめだこりゃ


というか、なにもここまでしなくても良かったんじゃない?ってことになるみたいです。

①イヤホンモニターにすると、他の人の声が聞こえなくなるので、シンガーと南さん
 あるいは僕との会話が非常にやりにくくてイライラする。

②うちのライブは音響担当がステージの後方にいるので、返しがまったく聞こえないと
 音量調整がまことにやりにくい。(ヘッドホーンでしかわからない)

③ステージ衣裳によっては、受信機が装着できない。(たとえばワンピースドレス)

④イヤホンを装着していると単純に歌いにくい人がいる。とうとうジャス氏はステージ
 半ばでイヤホン撤去しました。(あいたー)
20131028034.jpg

実は僕はステージで唄を歌うことがないので、個人的には返しなしでも演奏できるのです。
マイクを使わないのでメインスピーカーの前に出てもハウリングしませんし。

だから逆にボーカリストの気持ちがよくわかってなくて、最初僕は「返しが小さいとボーカ
ルは歌いにくいのかな?」と思っていたのです。もちろんそれもあると思いますが、よくよ
く聞いてみると、どうやらそれよりも「自分の歌声がお客さまにちゃんと届いてないのでは
ないか?」と不安になるみたいでした。


ようするに「返し」じゃなくて「外音(メインスピーカー)」?


じゃあ、別にイヤモニじゃなくてもいいじゃん。ああ~~~~っ!

まあとりあえず、今回はイヤモニもフロアーモニターも両方とも使ってみるとして、

それでも返しや外音の音量をあまり上げないで、
お客さんによく聴こえるようにするにはどうすりゃいいのか?

あれこれと頭を悩まして、最終的に僕が出した結論は、




客席をぐっとステージに近づけよう。(前に出そう。)




実際、テーブルと客席を思いっきりステージに近づけたら、
メインスピーカーも音も綺麗に聴こえるし(いやほんとに家庭用ステレオ並にクリアーな音だ。)

シンガーとお客様の距離がとても近くなってとても良い雰囲気です。
(ファンも人もこっちのほうが嬉しいんじゃないかしら?)

なんもお金をつぎ込んで機器を新規に導入しなくとも、
たったそれだけのことで悩みは解決するものなのか?

この歳になってまたまた勉強になりましたミラクルGです。

まあ、とりあえずはよかった。

でも、それにしても、
折角購入したイヤモニセット、



これからどうしよう?



ああーーーーー。



コメント

非公開コメント

プロフィール

ミラクル銀河伝説

Author:ミラクル銀河伝説
福岡市早良区在住のギター弾きです。人前で演奏するのが好きですが、自分の演奏だけはお客さんが集まらないので、地元の実力派ミュージシャンにご協力戴いてイベントを主催しています。出演希望の方は奮ってご応募ください。/参加費無料(ギャラも無ごめんなさい)
[アドレス]mail@gingamusic.com

カレンダー

03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスカウンター