生活のレベル/脱見栄っ張り宣言!

ミラクル銀河伝説ブログ『彼女はご機嫌ななめ』
06 /22 2017
本業は自営業者で、いわゆる商売人です。商売ですから多少の浮き沈みは当たり前です。

羽振りが良いときに浪費癖がついた人は、景気が悪くなっても生活のレベルを落とせないと漏らしますが、それ、何となくわかる気がします。だって、周囲の目がすごく気になりますから。「あの人、以前ほど儲かってないみたいよ」と噂になったりするのは実に嫌なものなのです。

20170620132030350.jpg

画像は昨年夏のマリゾンライブの模様です。特大のエアーテントはまさに僕の羽振りの良さの象徴。今後何度も使うなら、レンタルで借りるより安上がりだということで奮発して購入しました。周囲からは「さすがミラクル財閥!」と持ち上げられましたが、今後はこういったお金の遣い方は控えようと思います。

僕の周りにも「究極の見栄っ張り」というタイプの人物がいます(いました)。やはりそういう人たちは、最後に悲惨な状況に陥ってますので、そばで見てきた僕はその轍を踏んではなりません。昨年あたりから本業の競争が激化して、以前ほど楽に稼げてません。そこは正直に認めて、今後は無駄な浪費を抑え、生活のレベルをビシッと下げにかかります。

昨年酷使して穴だらけになった赤いエアーテントも、先月に補修テープで補強!今年の夏もバリバリ頑張ってもらいます。

明日にでも、夏の新しいライブの予定をお知らせいたします!

鬼の恩返し

ミラクル銀河伝説ブログ『彼女はご機嫌ななめ』
06 /14 2017

以前から床屋では「物凄い凝ってますよ。 」「辛くないですか?」 と心配されていた肩の凝りが悪化。特にギターを弾いた直後はもう堪らなくなってきた。

 

という事で、数年ぶりに「鬼の恩返し」を購入。ツボに嵌まった時の快感が堪らない。「ああ・・・、効く~っ!」

テレキャスパーツ組み

ミラクル銀河伝説ブログ『彼女はご機嫌ななめ』
06 /07 2017

6年ぶりくらいに、ネック、ボディー、アッセン等のパーツをかき集めて、1つ個体を組み上げました。ルックスはイケメンですが、音が滅茶しょぼくて、最初かなり違和感を覚えました。でも「これがテレキャスの音なんだ」と割り切って弾いていたら、段々味のある音になってきて、これはこれでかなり良いかもしれません!

20170607185706524.jpgO

マリナタウン&イオンモール福岡伊都ダブルライブ

ミラクル銀河伝説ブログ『彼女はご機嫌ななめ』
06 /05 2017

天気に恵まれ、12:00からイオンマリナタウン、18:30からイオンモール福岡伊都のライブダブルヘッターに行って参りました!

まずは出演者のみなさんから。イオンモール福岡伊都でパンダ・モンキーズ。綺麗な衣装です。セルフで音響調節をしながらの演奏も今回はバッチリでした。すごい!

20170607185821505.jpg

同じくイオンモール福岡伊都から佐藤茉莉花ちゃん。6ヶ月ぶりのライブ。見事に復活です。桑原Pも超ご多忙の中、サポートに駆けつけてくれました。

20170607185759077.jpg

そしてイオンマリナタウンから初参戦のザ・ガーデナーズ!アイリッシュ音楽でお客さんを楽しませてくれました!マリナタウンテナント管理室の吉井課長と小沢さんも大喜びでした!

20170607190755710.jpg

画像がありませんが、僕もちゃんと演奏してきました。マリナタウンでは途中で風でスタンドが倒れ、音源が出なくなって演奏が中断しちゃいました。残念でした(。>д<)。イオンモール福岡伊都では、桑原Pや茉莉花ちゃん、パンモンとコラボ演奏して、結構評判良かったです。(*^_^*) またやろっと!


ライブを2本終えて、昨日はさすがにクタクタになって帰宅しましたが、なんとか無事に終了して良かったです。ホッとしました。

一番心配だったお客さんの入りもまあまあだったと思います。マリナタウンでは最初ちょっとだけ寂しかった会場も、

20170607190556768.jpg

お隣のフードコートで、茉莉花ちゃんと僕でフライヤーを配りまくって、

20170607190502083.jpg

それでも足りずにボニーさんがバイオリン、僕がギターを手に、フライヤーを配る茉莉花ちゃんについてって呼び込みをかけまくってたら、

20170607190527910.jpg

フードコートのお客さんもみなさん笑顔でお返ししてくれて、どんどん人が集まって来て 

20170607190439871.jpg

途中から会場は大にぎわい!

20170607190411915.jpg

みなさん、本当にありがとうございます!

20170607185938210.jpg

ありがとうございます!(涙

20170607185642046.jpg

イオンモール福岡伊都も、遅い時間にもかかわらず、みなさん足を止めて聴いてくださいました。

20170607185842380.jpg

1階はもちろん、2階からも

20170607185907356.jpg

ありがとうございます!

20170607185728937.jpg

今回はマリナタウンでもイオンモール福岡伊都でも担当者からお褒めの言葉を頂きました!ありがとうございましたホッとしました。いくつか課題は残りましたが、まあまあいいライブだったと思います!出演者のみなさんもお疲れさまでした!

20170607185927839.jpg

もひとつ!

20170607185751472.jpg

一応、動画は録ってますが、まだチェックができてません。ちゃんと録れてたら良いのですが・・・・・・。



客のいないレストラン

ミラクル銀河伝説ブログ『彼女はご機嫌ななめ』
06 /04 2017

また集客の話ですみません。画像は3月のイオンマリナタウンで開催した「みんなのフェスタ」の模様です。歌っているのは沖縄島唄「喜納流かりゆし」のみなさんです。なかなかの盛況ぶりでしょ?後方はもちろん、最前列までビッシリとお客さんがつまってます。

20170531020606345.jpg

実際にやってみるとわかりますが、マリナタウンの1階のイベント広場は音楽ライブがすごくやりにくい会場です。いざ演奏を始めても、2階にたくさんいるお客さんはなかなか下まで降りてきてくれません。結果、ほとんどのアーティストが(すごい実力を持っている人でさえ)ガラガラの会場で演奏する羽目に陥るのです。

何度もその状況を経験して、僕は滅茶悩み、滅茶考え込みました。「マリナタウン1階で、なんとかお客さんを一杯にしたい!」

そもそもマリナタウンに限らず、やり始めの頃は僕のイベントはどの会場で閑古鳥が鳴いていました。初期のダイエー福重、マリナタウン、イオンモール等‥‥。

集客を実現するために具体的にどのような手を使ったか?はいずれ述べますが、なんとかうまくいくようになっても、できればマリナタウン1階を避けたいことには変わりはない。ここはプレッシャーがしんどい。やはり2階の方がはるかにやりすい!ということで、もっぱらライブは2階のサンデッキで開催しています。

20170531030129252.jpg

サンデッキで開催するとなると、集客に対するアプローチは1階のときとはかなり違ってきます。むしろこちらの方がやってて楽しいかもしれません。

たとえば、ランチタイム前やランチタイムを終えてお客さんがいなくなってしまったレストランがあったとして、そんなときオーナーやスタッフは、店内でお客さんが来るのを待っててはいけないと思っています。お店が暇なときは、お店の関係者は雑巾を手に入口のドアや窓のガラスをせっせと磨いたり、お店の前の道路を清掃したりしなければならないと。たとえ、朝掃除してガラスが全然汚れていなくても、たとえ道路にゴミが落ちていなくてもです。

いったい、なぜ?‥‥その理由は実際にやってみるとわかりますよ。

その辺の模様もいずれライブレポでご紹介したいですね。

ライブ集客について

ミラクル銀河伝説ブログ『彼女はご機嫌ななめ』
05 /31 2017

今日の記事はちょっと辛口です。

とある女性アーティストがSNSで「今からライブなのに会場がガラガラです」と凹んでたら、知り合いとおぼしき男性アーティストが「僕なんかいつもガラガラだよ。やりきれば大丈夫!」とコメントしてて、それを読んだとき、「だめだ、こりゃ」とガッカリしてしまった。

フリーライブやイベントを何度も経験して、どうすれば人が集まるか少しずつわかってきたけれど、それでも時々失敗するときもあって、つくづく集客は難しいと思う。

だから僕は、お客さんが集まってないからといって、それだけでアーティストを批判したりはしない。

ただ、人が集まらないことが悔しくないアーティストは、さすがにダメだと思う。そんなんだったらライブなんかするなよと言いたい。

あと、客が少なく空席だらけだったのに、「無事に終わりました~!」とか「すごく楽しかった~!」と書くアーティストにも違和感を覚える。


それでいいの? 悔しくないの? 僕だったらそんな事は絶対に書かないけど。

青いエアメイル/オリジナル歌詞について思うこと

ミラクル銀河伝説ブログ『彼女はご機嫌ななめ』
05 /28 2017

今はインスト音楽をやってますが、学生の頃はけっこう歌詞を書いてました。周りの評価はナカナカでしたよ。

yuming_olive.jpg

でも、そんな僕に歌詞づくりを断念させたのは、みなさんよくご存知の松任谷由美氏でございます。

いや、最初は僕も「打倒ユーミン!」のつもりで頑張っていたのですが、彼女の代表作のひとつ「青いエアメイル」の歌詞を目にしたとき、「これはとても敵わない!」と打ちのめされて、それまで書きためていた歌詞を全部ゴミ箱に捨ててしまいました。

最初から最後までまったく無駄のない完璧な歌詞。 読む(聴く)と目に浮かぶ場面、主人公の可憐さ愛おしさ。 そして2番のサビ前の名句‥‥‥いや、この「選ばなかったから失うのだと」は間違いなく名作でしょう。なかなか紡ぎ出せる文言ではありません。

こういう、何気ないありふれた文言から、読み手の心にグサッとつきささる強烈なパワーと光を導き出すのがホンモノの作詞人。

昨年から仲西杏里ちゃんのために「シスター・エクレア」、「ごめんねガール」、「Shining Little Stars」と三作ほど書きあげるため、何十年ぶりにペンをとりました。なんとか作品として恥ずかしくないレベルまで仕上げたつもりですが、それも松任谷氏の前では遠くかすんでしまいます。

なんでこんな詞書けるのよ? 

--------------------------------------------------

「青いエアメイル」松任谷由美

青いエアメイルがポストに落ちたわ
雨がしみぬうちに急いでとりに行くわ

傘をほほでおさえ待ちきれずにひらくと
くせのある文字がせつなすぎて歩けない

ときおり届いたこんなしらせさえ
やがてはとだえてしまうのかしら

けれどあなたがずっと好きだわ
時の流れに負けないの

冬は早く来る あなたの町の方が
最後に会ったときのコートを着ていますか

5年 いえ8年たってたずねたなら
声もかけれぬほど輝く人でいてほしい

選ばなかったから失うのだと
悲しい想いが胸をつらぬく

けれどあなたがずっと好きだわ
時の流れに負けないの

けれどあなたがずっと好きだわ
時の流れに負けないの

ミラクル銀河伝説

福岡市早良区在住のギター弾きです。人前で演奏するのが好きですが、自分の演奏だけはお客さんが集まらないので、地元の実力派ミュージシャンにご協力戴いてイベントを主催しています。出演希望の方は奮ってご応募ください。/参加費無料(ギャラも無ごめんなさい)
[アドレス]mail@gingamusic.com